GT管3球
AMトランスミッター
 MT管、ST管、ナス管と、真空管ラジオを3台作りましたが、GT管を使ったことがなく、またラジオを作っても面白みがないと思ったので、AMトランスミッターを作ることにしました。
 使用した真空管は6SJ7、6F6、6X5です。
 入力にラジカセのヘッドホン端子を繋げて使ってみましたが、かなり音量を大きくしないと変調が深くかかりませんでした。
 バリコンはラジオの場合はシャーシに直接取り付けて使用しますが、トランスミッターの場合は浮かせて取り付けるので、一工夫が必要です。
 電波の飛びは超微弱です。(苦笑)
 GT管のトランスミッターでCDの音楽を飛ばして、ナス管のラジオでのんびりと聞いていましたが、ふと我に返るとチョット寂しい感じがしたような...でも感動の方が強かったですヨ!!
 家にラジオが何台あっても仕方がないので、次回の真空管工作はオーディオアンプにしようと思っています。 

戻 る


前面から見た写真です。
左のスイッチは電源です。
その右がマイクゲインで、その右がマイク入力端子です。
一番右はパイロットランプです。
バリコンに手を近づけると送信周波数が変化するのでベーク棒でツマミを離しています。

画像をクリックして下さい。

背面から見た写真です。

右にあるのはヒューズボックスです。
ラジオの場合は左の穴の部分にアンテナ端子を取り付けますが、コイルからアンテナ線を出しています。(青い線)

シャーシの内部です。

どう見ても雑な配線ですねぇ。

バリコンをシャーシから浮かせています。